遺影・妻の想い~徳之島から/うみかぜ総合法務事務所(司法書士・行政書士・社労士)

鹿児島奄美諸島(徳之島・奄美大島・沖永良部島・与論島) の法律相談や登記・相続手続きなどを行います。

素敵な徳之島でゆるぎない生活を

<<前に戻る

仕事おりおり

遺影・妻の想い~徳之島から

「先生、私ね早く写真をとらなきゃ、って思うのよ」

「このままだと、亡くなった主人の遺影と私の遺影が並んだ時、夫婦に見えなくなってしまうと思うの」

久しぶりに、お伺いして2時間程お話した後ぐらいでしょうか、その方はそう私に話し始めました。

 

FullSizeRender (3)

「みて、主人のお父様はそれはそれは早くに亡くなってしまったの。だから遺影はあんなに若いのよ。でもお母様はそれから長いこと一人で過ごしたから、2人で並んだ遺影は親子みたいでしょ」

そういわれてみれば、並んだお二人はご夫婦には見えません。

「先生、私は亡くなった後も主人と同じぐらいの年齢で並んでいたいのよ」

「この遺影を見るたびにそう思うのよ」

微笑ましい・・・だけではないものを感じました。

ご本人はその言葉どおり思っておられて、私に伝えただけなのです。

子どもは、記憶に新しい元気だったころの「母」の写真を「そのとき」に選んでしまいます。なにも聞いていなければ間違ってはいません。

「本当にしてほしいことは、多くの会話から引き出される。」

終活においては、代々引き継いできたモノ、財産の件も大事ですが、それとは別に心に大切にしまってあるものもあると思えるのです。

多分、そんなに多くはないのです。でも大切なもの。

親が平均余命を超えてきたら、話す機会を増やして、会話をたくさんして気持ちを聞かなくては、本当に大切ななにかにはたどり着けないのかもしれません。

ゆっくりと気持ちを伝えてもらうこと、そして想像すること。

ご縁があって、様々な方とお会いします。

まだまだ、教えて頂くことばかりです。

行政書士 わたなべ

 

 

<<前に戻る

ページの上へ