鹿児島徳之島の法律相談・うみかぜ総合法務事務所(司法書士・行政書士・社労士)

鹿児島奄美諸島(徳之島・奄美大島・沖永良部島・与論島) の法律相談や登記・相続手続きなどを行います。

素敵な徳之島でゆるぎない生活を
  • 司法書士の業務
  • 行政書士の業務
  • 社労士の業務
  • スタッフの紹介

司法過疎地への移住希望者へ~1年目の告白

昨年6月に石本司法書士が移住し,ちょうど1年が経過しました。

そこで,石本司法書士の慰労をかねて,となりの島・沖永良部へシュノーケリングに出かけてきました。

知名町住吉港より南へ300mあたりからエントリー。

 

おだやかな凪の海~最高でした。

水中の写真は,後日,石本司法書士がアップしますので,お楽しみに。

さて,彼の1年の感想を聞きながら,考えたことをここで綴りたいと思います。

 

★「やはり若者が少ない・・」

★「ネットの情報だけでは,徳之島への移住が想像できない・・」

 

これはどこの過疎地でもいえることですが,徳之島では特に顕著かもしれません。発信能力の高い若い移住者がシマを盛り上げ,さらに移住者を呼び込む流れがベストなのですが,徳之島ではまだまだ・・なのかもしれませんね。

 

一方で,情報量が多いと,もはや,「都市部や沖縄と変わらない・・」ともいえます。

大島群島のように情報量がすくない離島は,現地に入って,その場で情報収集することが旅の醍醐味!!なのです。

そのようなやり方のほうが,地元の人と接する機会を多く持て,サプライズがあったりして,旅感があふれるものだから。

 

今回,司法過疎地へ移住を考えている方にむけて,司法過疎地での司法書士業務やシマでの生活について,より詳細にご報告しようと思ったのですが,書けば書くほど,薄っぺらく感じてきました。

 

だって,「海」も,そうそう語れないでしょう。感じるものだから。

この徳之島も,沖永良部島も,奄美大島も,与論島も,感じるものだと思います。

 

不親切だと思われるかもしれませんが,「旅する司法書士」へ

どうぞ,一度このシマへ,遊びにきてください。

そして,神秘の島と海を感じてください。

 

離島,そして,司法過疎地へ移住を検討しているあなたを,全力で応援します。

司法書士 柏村考兵

うみかぜ便り_

シマに来てはや1年

ページの上へ