東京を目指したワケ,徳之島へ移住したワケ/うみかぜ総合法務事務所(司法書士・行政書士・社労士)

鹿児島奄美諸島(徳之島・奄美大島・沖永良部島・与論島) の法律相談や登記・相続手続きなどを行います。

素敵な徳之島でゆるぎない生活を

<<前に戻る

島の365日 柏村ブログ

東京を目指したワケ,徳之島へ移住したワケ

 

司法書士の柏村です。

大学を目指していた頃,地元の福岡に残ることは考えていませんでした。

 

kkk01

 

兄が先に上京していたので,つられて上京。

自分の意思はない,風まかせ。

東京での学生生活は,それなりに楽しかった。

ですが,都会を謳歌したかと言えば,そうでもない。

kkk02

 

就職先が決まらなかったので,とりあえず福岡の帰郷。

東京に未練はない。

福岡の実家での生活も不満はないが,資格試験の勉強で,不安だらけ。

 

司法書士に合格したのち,縁あって鹿児島の指宿市へ移住しました。

勤務先で多くのことを学び,かなり楽しかった。

でも,この仕事で独立できるのか,食べていけるのか,これまた不安だらけ。

 

平成21年,徳之島に移住して,うみかぜ事務所を開設。

家族や職場の方に恵まれ,かなり幸せ。

 

こうして,徳之島にたどり着いたのです。

幸せって,

収入? 不安がないこと? 仕事?

なんだろうね。

 

kkk03

 

 

後付けで,自分が行動したワケを考える。

東京を目指したのは,東京を押さえて,世界に目を向けるためさ。

実家に戻ったのは,資格取得で,場所を選ばない仕事をするためさ。

指宿に移住したのは,ド田舎から超一流を目指すためさ。

徳之島に移住したのは,司法過疎地域で法的サービスを拡充するためさ。

 

やっぱり,無理があるなあ。

 

 

この徳之島で子供が生まれ,晴れた日は家族みんなで海へ出かけたくなる。

 

大きな海で水遊びしだり,浜辺を散歩したり。

 

なにげない徳之島の日常がこんなに楽しく,幸せなものだとは,学生の頃想像もしていなかった。

 

そして,徳之島のきらきらの海は,「風まかせも結果オーライ」と思わせてくれる大切な場所となりました。

 

bb11

 

 

 

<<前に戻る

ページの上へ