素敵な徳之島で揺るぎない生活をこれからのしあわせのカタチ

奄美,徳之島の相続登記はおまかせ/うみかぜ総合法務事務所(司法書士・行政書士・社労士)

鹿児島奄美諸島(徳之島・奄美大島・沖永良部島・与論島) の法律相談や登記・相続手続きなどを行います。

<<前に戻る

暮らしの法律 柏村ブログ

奄美,徳之島の相続登記はおまかせ

司法書士の柏村です。

昨年4月に亀津のルミエール(葬祭),徳之島診療所の向かいに事務所を移転してから,おかげさまで,たくさんの相続登記のご相談,ご依頼をいただいております。

相続登記といえば,

(1)遺産となる不動産の確認(名義,担保の有無など)

(2)相続人の特定(戸籍の収集など)

をしていかなければなりません。

 

徳之島の場合,畑や山林,原野などを所有している方も多く,これまで物件が多いもので,「70」ぐらい不動産があったケースもあります。

資料がなくても,ご相談やご依頼は可能ですが,さしあたり,下記の書類をご用意いただけるとスムーズにすすめることができます。

〇死亡した方の名寄台帳(課税台帳)

〇死亡した方の生まれてから亡くなるまでの戸籍(戸籍,改製原戸籍,除籍)

 

なお,名寄台帳には,亡くなれた方の不動産の一覧が記載されているのですが,この中には,名義が違う(たとえば,祖父母名義のまま)ものもあり,また,死亡者名義の土地が漏れていることもあり,確実ではありません。

ですので,名寄台帳のほか,亡くなられた方の権利証(登記済証,登記識別情報)があれば,登記漏れを防ぐことができます。

 

<相続登記でよくある質問(1)>

「畑や山林,原野などの場所(位置)を確認したい・・」

徳之島の地図の約8割が,旧土地台帳付属の地図なのです。字図といいますか,団子地図でして,その地図からは場所の特定はほぼ無理なのです。こればかりは,その地域に詳しい方(農業委員,親族,近隣所有者など)にお聞きになったほうがベターです。

 

<相続登記でよくある質問(2)>

「相続人の中に行方不明の者がいるけれど・・」

戸籍や戸籍の附票を調査しても,ご連絡がとれない方がいた場合,家庭裁判所に不在者財産管理人を選任してもらい,相続登記をすすめていきます。ただし,その行方不明の方の相続分を確保しなければなりません。相続分相当の不動産を承継させるか,相続分相当の代償金を準備する必要があります。

 

<相続登記でよくある質問(3)>

「相続人の中に認知症の者がいるが・・」

認知症の方は,遺産分割をおこなう判断能力が著しく低下しており,その分割の内容を把握できないため,遺産協議は成立しません。その場合は,家庭裁判所に成年後見人の選任申立てをして,相続登記をすすめていくことになります。ただし,上記(2)と同様に,その認知症の方相続分を確保しなければなりません。また,相続手続が終わっても,成年後見人は原則本人が死亡するまで,財産管理,身上監護をしていくことになります。

 

*相続登記手続の費用などは,どうぞご相談のとうきにご確認ください。

 

 

 

 

 

<<前に戻る

電話0997-82-0063受付時間9:00~17:00までお気軽にご連絡ください。

企業向けガイド

社会保険労務士の仕事 企業の方へ 社会保険労務士とは 働く人へ

離島の方

鹿児島 沖永良部島 訪問スケジュール

求人情報

鹿児島 奄美 司法書士 求人1 鹿児島 奄美 司法書士 求人2
ページの上へ