素敵な徳之島で揺るぎない生活をこれからのしあわせのカタチ

リクルートレポート~九州なのにアウェー/うみかぜ総合法務事務所(司法書士・行政書士・社労士)

鹿児島奄美諸島(徳之島・奄美大島・沖永良部島・与論島) の法律相談や登記・相続手続きなどを行います。

<<前に戻る

仕事おりおり 柏村ブログ

リクルートレポート~九州なのにアウェー

 

司法書士の柏村です。

先日、昨年合格された新人司法書士のかたの研修会(@博多)に、司法過疎開業者からの報告ということで、パネラーとして参加してまいりました。

 

そして、私たちの事務所の取り組み、奄美・徳之島の司法書士の仕事の状況などを報告させていただきました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

〇過疎、離島といっても、物流はそれなりに整備されていること。

〇司法書士ひとりあたりの人口が徳之島では全国平均より多く、幅広いご依頼があること。

〇司法書士のみならず、社労士、行政書士事務所を併設していること。

〇ホワイト事業所を目指しており、残業なく、有給休暇は全部消化してもらっていること。

〇司法書士事務所としては、平均年齢が低く(30代)、男女比は平等、移住者もおり、移住しやすい環境にあること。

 

ほとんどが事務所の宣伝となってしまいましたが、なぜなら、うみかぜは新人司法書士を募集してしているからです。

 

新人司法書士のかたに、「移住・島暮らしとともにキャリアを積む新しい司法書士としての生き方」を提案したかったのです。

 

現在、うみかぜには、東京で不動産取引の登記を専門にしてきた石本司法書士がおり、都市部での司法書士業務と田舎の司法書士業務の両方を学べる機会があるのです。

 

ですので、過疎地だから、離島だからといって、司法書士の知識・キャリアを積めないことはないぞ!と自信満々に研修会会場に乗り込んだのであります。

 

しかしながら、結果は・・・

 

九州の新人司法書士のかたは、「島は全く眼中にない!!」のでした。

選択肢のひとつにさえ入っていない現状(悲)。。

 

福岡以外の合格者は、地元で勤務、もしくは、開業へ。

福岡の合格者は、「福岡での勤務」に目を向けているようでした。

 

そもそも鹿児島自体遠いし、やっぱり、奄美・徳之島は遠いよなあ・・。

当たり前のことを再認識する機会となったのでありました。

 

総括すると、今回は「種をまく時期」ということで、めげずに奄美・徳之島(離島)に生きる司法書士として、仕事のこと、生活のことを発信していきたいと思います。

 

なお、関東、関西の方~~、島暮らし・移住に興味がある司法書士のかたは、どうぞご連絡くださいませ。

 

以上、九州での司法書士リクルート報告でした。

 

<<前に戻る

電話0997-82-0063受付時間9:00~17:00までお気軽にご連絡ください。

企業向けガイド

社会保険労務士の仕事 企業の方へ 社会保険労務士とは 働く人へ

離島の方

鹿児島 沖永良部島 訪問スケジュール

求人情報

鹿児島 奄美 司法書士 求人1 鹿児島 奄美 司法書士 求人2
ページの上へ