ちょっ旅・2017福岡―石川編/うみかぜ総合法務事務所(司法書士・行政書士・社労士)

鹿児島奄美諸島(徳之島・奄美大島・沖永良部島・与論島) の法律相談や登記・相続手続きなどを行います。

素敵な徳之島でゆるぎない生活を

<<前に戻る

島の365日 満智代ブログ

ちょっ旅・2017福岡―石川編

路上が37度越えの日,7時半の搭乗のため,朝4時半起床でやってきた福岡空港。

なぜか1時間半も出発が遅れるらしい・・・・それならあと1時間寝ていたかった,

がっ,千円分の食事券が付いた(喜)

早起きは,「千円」の得。

コスパ最高のドトールで,ほぼ同額使い切り,食べまくり,飲みまくり。

 

お腹いっぱいでフライト,勿論即記憶なし。

初上陸石川県,小松空港・・・・静かです。

レンタカーに乗って,ドライブ。米所はミドリの絨毯で爽快。

どう表現すべきか,建物,道幅,なにもかもが「ゆとり」空間

海辺をひた走る。高速道路にあらず,でも高速道路並みに飛ばせる,料金所のない道を,能登へ向かう。延々砂浜,日本海も美しい。

 

途中,レビューのよい蕎麦屋に寄って,親戚の家にきたような部屋で手打ちそばを堪能。辛み大根が極上のさわやかさ。

何もないオーシャンビュー,避暑地の風が心地よい

あら貸切?と思ったら,近くで大会が開催されていて,学生たちが大盛り。

それでも,とても静かでいい時間が過ごせました。

 

翌日はの~んびりと,

暑くて,彼?彼女?もこんなかんじ

そして水族館。バブル世代には懐かしいラッセンの世界

 

暫し,見惚れる海の世界

夏休みの宿題かな?親子が写生をしていました。

金沢に戻り,町を散策

市場の中,ここでもお魚天国(但し,撮影不可)

素敵,石段の下からでも神々しい

そして,外観心躍りパチリ

どこへ赴いても,ゆとりを感じる町並みは

都市計画の賜物か,風土なのか。

行って見なければ,風を肌で感じなければわからないを実感した夏旅・石川能登編でした。

社労士・行政書士 かしむら

 

 

<<前に戻る

ページの上へ