Warning: include(/home/mlsecure58j/umi-kaze.jp/public_html/wp-content/themes/umikaze2/ie_under.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/mlsecure58j/umi-kaze.jp/public_html/wp-content/themes/umikaze2/single.php on line 5

Warning: include(): Failed opening '/home/mlsecure58j/umi-kaze.jp/public_html/wp-content/themes/umikaze2/ie_under.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.0.30/data/pear') in /home/mlsecure58j/umi-kaze.jp/public_html/wp-content/themes/umikaze2/single.php on line 5
素敵な徳之島で揺るぎない生活をこれからのしあわせのカタチ

民法の改正/うみかぜ総合法務事務所(司法書士・行政書士・社労士)

鹿児島奄美諸島(徳之島・奄美大島・沖永良部島・与論島) の法律相談や登記・相続手続きなどを行います。

<<前に戻る

暮らしの法律

民法の改正

民法が制定されたのは、1896年。日清戦争が終わった翌年であり、日露戦争の前という110年以上前のことなのです。

「え、今の時代にそんな法律で対応できるわけないじゃない!」って思いますよね。

しかし、民法は、

〇契約自由の原則(法律よる規制は一部にとどめ、契約内容が重視される)により時  代に対応してきたこと、

〇判例や民法解釈の工夫、特別法などにより、実質的には修正を行ってきました。

 

でも、より身近な法律として機能するために改正への動きとなったのです。

平成21年10月に法務大臣より法制審議会に諮問されまた。法制審議会は、債権法部会を設け、今年3月に中間試案を発表しました。

法務省では中間試案についてパブリックコメントを行ったうえで、はやければ2015年の通常国会に法案提出されると言われています。

不動産の分野では、消費者契約法や宅地建物取引業法、建設業法など法律があり、これらの調整などの問題があり、また、不動産業実務への影響は少なからずありそうです。

消費者保護の傾向が今以上に重視されると思われ、(今でも大切ですが)次のことが不動産業者には求めれるかもしれません。

 「しっかりと説明を行い、それを記録する」

当事務所でも、わかりやすい説明と説明書の交付をしっかりとやっていきたいと思います。

 

<<前に戻る

電話0997-82-0063受付時間9:00~17:00までお気軽にご連絡ください。

企業向けガイド

社会保険労務士の仕事 企業の方へ 社会保険労務士とは 働く人へ

離島の方

鹿児島 沖永良部島 訪問スケジュール

求人情報

鹿児島 奄美 司法書士 求人1 鹿児島 奄美 司法書士 求人2
ユースエール2018年度認定
ページの上へ