素敵な徳之島で揺るぎない生活をこれからのしあわせのカタチ

想像・創造を仕事に~確かな仕事と,人に働きかける情熱が原動力~/うみかぜ総合法務事務所(司法書士・行政書士・社労士)

鹿児島奄美諸島(徳之島・奄美大島・沖永良部島・与論島) の法律相談や登記・相続手続きなどを行います。

<<前に戻る

仕事おりおり 満智代ブログ

想像・創造を仕事に~確かな仕事と,人に働きかける情熱が原動力~

 

社会保険労務士受験生,有資格者のみなさま,こんにちは。

 

離島(徳之島@奄美)の開業社労士・行政書士のかしむらです。

 

2018年の社労士受験生は合格発表までひと月を切りましたね。

私自身も約3年,「足切りで悶絶」の記憶が蘇ります。

 

苦しかった。その先へ進めない,苦しさ。

 

また,来年の8月に向けて整えなければいけない,山の麓に立たされ,それはそれは地味に積み重ねる日々。

 

ただ,私は,シツコイ女でした。

 

私は,諦めの悪い女でした。

 

そんな私に,神が根負けした,そう今でも思っています。

 

さて,南の島徳之島で暮らす私は,この社会保険労務士合格・登録と同時に幸運にもご依頼が重なり,手続業務とコンサルティング双方について,お仕事をいただいています。

 

コンサルティングの醍醐味を常々ご紹介しているところですが,一方で正確さ,速さを必要とする手続業務と切り離せない関係にあります。

 

労働社会保険は常に改正があります。

 

私も受験生時代苦しんでおります。知識の入れ替えに一定の時間を取られる。

でも,苦しい受験時代を味わったからでしょうか,習慣から毎年受験本を購入し,常に今の条文や解説に触れるようになりました,自然と。

そして,確信(変な自信)があっても,思い込まない癖がついています。これぞ複数年受験の賜物。

これは,お客様に対する姿勢にも影響を与えていると感じております。

 

・聞き取りのお時間を大切にすること

・断定はしないこと

・可能性がある限り調べること(別に取りうる手段はないか等)

・選択肢があれば必ず提案をすること

 

社労士受験生のみなさん。

 

社労士・実務家になったら,より慎重な対応,丁寧な仕事が求められます。

そして,社労士の受験勉強をしている,今その時間も,将来のあなたの情熱のタネになります。

ですから,常に「実務家である自分を想像」して学んでください。

 

そして,「実務家である自分を想像」して学ぶことの近道は,やはりその現場で働くこと。

 

うみかぜ事務所は,常に人に働きかける情熱をお持ちの方を待っています。

 

社会保険労務士受験生,社会保険労務士合格者,是非お問合せ下さい。

【募集中】現在の社労士有資格者・社労士受験生枠 1名!!

 

社労士・行政書士 かしむら

<<前に戻る

電話0997-82-0063受付時間9:00~17:00までお気軽にご連絡ください。

企業向けガイド

社会保険労務士の仕事 企業の方へ 社会保険労務士とは 働く人へ

離島の方

鹿児島 沖永良部島 訪問スケジュール

求人情報

鹿児島 奄美 司法書士 求人1 鹿児島 奄美 司法書士 求人2
ユースエール2018年度認定
ページの上へ