素敵な徳之島で揺るぎない生活をこれからのしあわせのカタチ

仕事を楽しむ~司法書士の現場/うみかぜ総合法務事務所(司法書士・行政書士・社労士)

鹿児島奄美諸島(徳之島・奄美大島・沖永良部島・与論島) の法律相談や登記・相続手続きなどを行います。

<<前に戻る

仕事おりおり 柏村ブログ

仕事を楽しむ~司法書士の現場

 

司法書士の柏村です。

 

昨日,石本憲史司法書士と,司法書士の職場作り,仕事にあり方について少し話をしました。

そのことを今回記事にします。

 

===============

*短い時間のなかで効率よく仕事をするには。

*モチベーションをあげるには。

*司法書士として,将来につながる姿勢とは。

===============

 

どれも大事な課題です。みなさん,どう考えていますか?

1日,24時間は,だれでも同じです。

さらに,うみかぜは,残業がありませんから,業務時間は7時間30分しかありません。

そのなかで,「忙しいから,無理」が口癖になったり,「今日も,予定の半分以下しかこなせなかった」と感じることは,忙しい日々ではよくあることです。

これを克服するには,「時間を自分がコントロールする」という意識と行動が必要です。

時間に追われると,スケジュールどおりにならない,ストレスがたまるという,負の領域で仕事をすることになります。

だから,時間は自らが管理するんだという気持ちが大事になります。

 

理想的な1日の動き(私の場合)

===============

◆午前中(8時半から正午) ~大事な事務作業を集中して片づける(ここで8割がた終わらせる。)。

◆午後1時~3時半 ~面談・外回りの仕事をする。

◆午後3時半~5時 ~電話やメールの対応,明日の準備,資料作成など

===============

 

いつも思い通りにはいきませんが,多少の区切りを作っておくと仕事にリズムが生まれます。

このリズムが大事で,モチベーションの維持にもつながってくるのです。

つまり,午前中の取組みが,その「1日」の流れをつくると考えると,午前中集中するにはどうすべきか,を常に考えて行動するようになります。

そして,午前中がそこそこ上手くいくと,午後もスムーズに,気持ちにゆとりを持って仕事をすることができます。

1日のなかに,リズムを生み出す工夫をしましょう。

そして,お昼が終わって,5分程度マインドフルネス(瞑想)などを入れるとさらにフレッシュな気分が維持できると思います。

 

 

次に,事案への取組み姿勢について,将来につながる司法書士の姿勢とはどのようなものでしょうか。

 

これは,登記案件であれ,訴訟・後見案件であれ,全ての事案について「個別・具体的な検討」をするということ。

 

当り前と感じていらっしゃるかもしれませんが,知らず知らずのうちに,事案を「あるパターンに当てはめ」て,事案の処理をしている場合があるのです。

 

「個別・具体的な検討」は,依頼者の要望・願いであり,司法書士(プロ)として汲んでいかなければなりません。

「私だけの相談をしっかりと聞いてほしい。困っている私だけの事情をわかってほしい。」

その想いを大事にして,細部や周辺の事情を見落とさないように,しっかりと聞く。

私は,その姿勢が司法書士そのものの価値であり,法律家を組成する大部であると思っています。

 

「ひとに興味を持とうね」なんて言ってますが,それが仕事の楽しみでもあり,自己を成長させてくれるものと信じています。

 

出来事や出会いが(個別・具体的な検討を通じて)自分を成長させてくれると思うと,毎日がワクワクしてきませんか。

 

離島であっても,司法過疎地であっても,司法書士として成長できる。そして,素敵なスタッフに囲まれて仕事ができる。毎日の仕事が楽しく感じる「幸せ」は,きっと貴重な経験になると思います。

 

===============

まとめ

1 「時間をコントロールするんだ」という強い意識をもって,行動する。

2 個別・具体的な検討を大切にする。

3 ご依頼いただいた案件,そして,ひとの出会いを,自己の成長につなげる。

===============

 

<<前に戻る

電話0997-82-0063受付時間9:00~17:00までお気軽にご連絡ください。

企業向けガイド

社会保険労務士の仕事 企業の方へ 社会保険労務士とは 働く人へ

離島の方

鹿児島 沖永良部島 訪問スケジュール

求人情報

鹿児島 奄美 司法書士 求人1 鹿児島 奄美 司法書士 求人2
ユースエール2018年度認定
ページの上へ