素敵な徳之島で揺るぎない生活をこれからのしあわせのカタチ

岳/うみかぜ総合法務事務所(司法書士・行政書士・社労士)

鹿児島奄美(徳之島・奄美大島・沖永良部島・与論島) の法律相談・登記・相続手続き・会社設立

<<前に戻る

島の365日 満智代ブログ

ここ数年、漫画を読みあさる年の暮れを過ごしております。

今回は、「岳」

18巻が最終巻ということで2019年読み納め大トリをこの本に決めました。

⼀⼈⼭に住み、ボランティア救助を⾏うフリークライマーが主⼈公です。

救急、救助、救命

私ゴトであれなんですが,寒がり,究極の冷え性,南国離島で⽣きているくらい・・・これ以上北で暮らせないと常々思っています.

 

仕事で10⽉以降⽻⽥に降りれば

ひーーーっ、と凍え

最近では、トランジット⿅児島空港でさえ,変わらぬ体感。

 

多分⼀⽣,私は登ることのない(まず登れない)極寒の雪⼭で、ギリギリこの世に留まった⼈と⼀瞬であの世へ消えた⼈のそばで

「よく頑張った」
「また⼭においで」

そう⾔う主⼈公のフリークライマー三歩を追いかける物語です

三歩が、⾃分のやりたいことと、期待されてることが違うことで迷う時
恩師が⾔います

「なあ、島崎・・・オレは死ぬぞ」
「オレだけじゃない、全ての⼈の最終到達点は死・・・。島崎、お前もだ」
「そこまでのルートはお前にしか決められん、そう思わんか」

 

主人公は自分のやりたいことを選択します。

終盤,冬⼭登山,究極のチャレンジに,幸運にもギリギリ助かったクライマー。

⾃分の⽣でさえ確実でない,でも,生きている可能性がある人の救助に向かおうとする

別のクライマーが苦⾔を呈し諭します

「⾃分の命を守ることは,⼈を⼀⼈助けることに値する」

 

今じゃない,命を無駄にしない、⽣きているから次がある

圧倒的にこちらが正解なんですけど,でも,救助に向かうのです。

 

今を⽣きているのは⾃分で、その生き方のルートを決めるのも⾃分。

⽣きていくための道は、死までの道

どのように⽣きていくかは、どのように死にたいかを今その瞬間,必死に考え決めること

 

今年の⼲⽀はねずみさん

私、年⼥

烏滸がましいですが,離島で必死に⽣きています。

必死で⾃分で考えて、決めて⽣きてきたつもりでしたが,出会った⼈と、運、この⼆つが無くては私の今はありません。

今この手の中にあるものを最⼤限、そう,フル活⽤し,沢⼭の幸せのタネを
この離島・徳之島で育てたいと思います。

 

社労士・行政書士 かしむら

<<前に戻る

電話0997-82-0063受付時間9:00~17:00までお気軽にご連絡ください。

企業向けガイド

社会保険労務士の仕事 企業の方へ 社会保険労務士とは 働く人へ

離島の方

鹿児島 沖永良部島 訪問スケジュール

求人情報

鹿児島 奄美 司法書士 求人1 鹿児島 奄美 司法書士 求人2
ユースエール2018年度認定
ページの上へ