素敵な徳之島で揺るぎない生活をこれからのしあわせのカタチ

緊急採用の決定~司法書士,社労士の募集/うみかぜ総合法務事務所(司法書士・行政書士・社労士)

鹿児島奄美(徳之島・奄美大島・沖永良部島・与論島) の法律相談・登記・相続手続き・会社設立

<<前に戻る

仕事おりおり 満智代ブログ

緊急採用の決定~司法書士,社労士の募集

 

コロナの影響で,生活のあり方,働き方に対する意識が変化していると言われます。

半ば必要に迫られてのことですが,テレワーク,生活で大切なことなど,考える契機となっています。

私自身は,在庫について考えたりしました。

【在庫】

1 場所をとる。 2 お金が必要。3 劣化,保存期間のリスク。

 

どうみても,マイナスイメージです。普段では,まず怒られる行為。「今,すぐに使わないのにそれって必要なのか?」と。

離島では,台風時に物資の搬入がストップしてしまうことがあるので,時期に応じてこれらの対策をすることはあります。

しかし,このたびは,長期間にわたり,経済が回らなくなる事態がありうることが明らかになりました。

これは,離島,徳之島でも例外ではありません。

だからこその,新しい生活様式・・・私は次のように考えました。

① 日頃から,生活のなかに「在庫管理とその予算」を意識する。

② 場所を問わす,司法書士,社労士,行政書士の仕事が継続できる環境,条件を整える。

③ 「ものがない」や「孤独」を楽しむ,キャンプ式生活を実践する。

 

②について

SEA CLASS(サテライトオフィス)がすでに出来ていますので,外部や職員同士の接触を軽減しつつ,海が見えるゆったりとした空間のなかで,おおよその仕事はPCひとつで進めることができる環境づくりを進めています。

 

③について

菜園にて野菜などを栽培し,庭にタープを張って音楽を鳴らし,珈琲と読書を楽しむ。草取りと畑の耕しで汗をかいて,室内バイクやバックランジ,ラン(5~10キロ)でカラダを鍛える。ちょっとしたグランピングのような感じで,キャンプ式生活を実践中です。

 

あとは,①をしっかりと進めていくことでしょうか。

 

経済からちょこっと離れているけれど,生活と仕事に窮屈さを感じない。

キャンプをしながら,大自然を感じながら,仕事をする感覚。

徳之島での生活,うみかぜ事務所の仕事は,この理想にかなり近づいているように思います。

 

さて,司法書士や社労士の合格者のなかで,今春から勤めはじめる予定だった方もいると思います。そして,コロナのために,就職できずにいる方も多いのでないでしょうか。

そこで,私たちうみかぜ事務所は,コロナの影響で就職が決まっていたのに,勤務できなくなってしまった司法書士,社労士の方に向けて,緊急の採用選考をはじめることにしました。

 

【緊急採用選考】

応募期間  2020年5月末まで

司法書士(有資格者)  1名

社会保険労務士(有資格者)  1名

*ハローワークを通じて,履歴書,職務経歴書をご郵送ください。

*ZOOMを使って,面接を行います。

 

 

徳之島という認知度が小さい離島でありながら,これまでも都市部からの応募があり,うみかぜ事務所には,司法書士,社労士,行政書士の有資格者,受験生が集っています。

うみかぜ事務所は,徳之島,沖永良部島を中心に,奄美群島での法務・労務のインフラを担っています。新たな司法書士像,社労士像を掲げ,新時代のリーガルサービスを提供できるように日々努めています。

 

前がダメなら,島へ飛んでみよう!

さあ,徳之島へGO!

 

あなたからのご連絡をお待ちしております。

 

司法書士 かしむら

 

<<前に戻る

電話0997-82-0063受付時間9:00~17:00までお気軽にご連絡ください。

企業向けガイド

社会保険労務士の仕事 企業の方へ 社会保険労務士とは 働く人へ

離島の方

鹿児島 沖永良部島 訪問スケジュール

求人情報

鹿児島 奄美 司法書士 求人1 鹿児島 奄美 司法書士 求人2
ユースエール2018年度認定
ページの上へ