素敵な徳之島で揺るぎない生活をこれからのしあわせのカタチ

徳之島・奄美・沖永良部  遺言と登記手続き  /うみかぜ総合法務事務所(司法書士・行政書士・社労士)

鹿児島奄美諸島(徳之島・奄美大島・沖永良部島・与論島) の法律相談や登記・相続手続きなどを行います。

<<前に戻る

暮らしの法律

徳之島・奄美・沖永良部  遺言と登記手続き  

 

================================

遺言(自筆証書遺言)の内容

A  私の全財産を一郎に相続させる。

B  私の全財産を一郎に遺贈する。

================================

一郎さんは遺言者の子のひとりです。

遺言を発見した者は,まず家庭裁判所の検認の請求をしなければなりません。(公正証書遺言の場合は,不要です。)

そして,遺言の内容を確認します。

Aのような内容であれば,遺言者の死亡の記載ある戸籍と一郎さんの戸籍や住民票を準備して,一郎さんのみで登記申請をおこないます。この場合は,他の相続人の同意は不要です。

 

しかし,Bの場合,次のことを確認しなければなりません。

================================

遺言執行者として,一郎を選任する。

================================

もし,遺言執行者の定めがなければ,

→相続人全員が関与しないと,登記申請がスムーズにいきません。

また,遺贈の場合は,権利証(登記済証など)を準備しなければならず,権利証がない場合は,事前通知制度や本人確認制度を利用するなど,手続きが煩雑になってしまいます。

 

遺贈と相続の文言の違いだけなのですが,その後の登記手続きを影響してきます。

ちなみに,「一郎に管理させる」との遺言の場合は,一郎さんに登記できないとする登記先例もあります。

遺言書の文言は,あいまいにならないように注意しましょう。

 

<<前に戻る

電話0997-82-0063受付時間9:00~17:00までお気軽にご連絡ください。

企業向けガイド

社会保険労務士の仕事 企業の方へ 社会保険労務士とは 働く人へ

離島の方

鹿児島 沖永良部島 訪問スケジュール

求人情報

鹿児島 奄美 司法書士 求人1 鹿児島 奄美 司法書士 求人2
ユースエール2018年度認定
ページの上へ