素敵な徳之島で揺るぎない生活をこれからのしあわせのカタチ

ミエとネタミの毎日に~脱却するのに離島は有効か?/うみかぜ総合法務事務所(司法書士・行政書士・社労士)

鹿児島奄美(徳之島・奄美大島・沖永良部島・与論島) の法律相談・登記・相続手続き・会社設立

<<前に戻る

仕事おりおり

ミエとネタミの毎日に~脱却するのに離島は有効か?

 

yahooの記事を読んだ。

 

「頑張らなくていいよ」という言葉を真に受けた新入社員のその後

https://news.yahoo.co.jp/articles/5d35ffdb4fbf47a74d9acce29bae8987d268fb17

『私の居場所が見つからない。』(ダイヤモンド社)川代紗生さんの記事。

 

司法書士になった頃,勤務しはじためた事務所で,同期との差,先輩にあたる方々との知識や経験値の違いを知り,愕然としたことを覚えている。

司法書士に合格したのだから,人生の次のステージに進んだことは間違いないが,その次のステージのほうが受験勉強よりも険しい。

見栄を張っても,たかが受験生レベルの知識しかない。

入った世界を間違ったか?

周りはホンモノの法律家ばかりだ。

その不安という大きな穴を埋めたいがために,これまで苦労してようやく合格できた司法書士を傍らにおき,「おれは,つぎに司法試験を目指すべき」と本気で思ったときもあった。

その不安~見栄と妬みの毎日~が続いたのは,事務所に勤務して半年くらいだったと思う。

 

その不安から解放されたキッカケは,なにか?

 

1 事務所内の案内文書を作ったときに,たしか,図か絵を用いたら,事務所長に褒められた。(わかりやすいねえ)

*受験性の頃は,ドラッグストアでバイトし,チラシ作りやポップ書きをしていたことが活かせた。

 

2 養豚のアルバイトをしていた年配者の破産手続を手伝ったとき,「匂いがきつい(*養豚の仕事がら仕方ないこと)のに,嫌な顔をせず,よく自分の車に乗せたり,打合せをしているね,それって簡単にできることじゃないよ」と褒められた。

 

3 周りの司法書士は皆優秀だが,妬むのではなく,「それは自分にとって幸せなことじゃないか?だって,分からないことは教えてもらえるのだから。」と思えた。

 

バカはバカなりの努力が必要だが,小さなキッカケで,ずいぶん気持ちが楽になったことを思い出しました。

 

 

理想と現実のギャップは,都会から逃げても,離島にきても,簡単には埋まらないだろう。

きっと,逃げた経験と,再度社会と自分をみつめる素直さや馬力が必要だと思う。

 

うみかぜは,人材募集をしていますが,失敗をしたことがない人,現実から逃げたことがない人,を求めているのではありません。

 

いろんな経験,失敗があっていい。

そこから,等身大の自分を知り,良いところを伸ばす,そして,地道な努力を怠らない,そういう方を採用したい。

 

離島での生活は,新しい時代の働き方のひとつです。

 

リトウ へ GO!

大海原 へ GOGO!!

 

 

<<前に戻る

電話0997-82-0063受付時間9:00~17:00までお気軽にご連絡ください。

企業向けガイド

社会保険労務士の仕事 企業の方へ 社会保険労務士とは 働く人へ

離島の方

鹿児島 沖永良部島 訪問スケジュール

求人情報

鹿児島 奄美 司法書士 求人1 鹿児島 奄美 司法書士 求人2
ページの上へ