素敵な徳之島で揺るぎない生活をこれからのしあわせのカタチ

幸福追求・自分の人生を生きるための主権行使/うみかぜ総合法務事務所(司法書士・行政書士・社労士)

鹿児島奄美(徳之島・奄美大島・沖永良部島・与論島) の法律相談・登記・相続手続き・会社設立

<<前に戻る

満智代ブログ

幸福追求・自分の人生を生きるための主権行使

 

「When:いつ」

「Where:どこで」

「How:どのように」

 

生きたいか・生活するかは、本来私たちが自ら決定していくことができる

 

【 誰のためのテレワーク? 大内伸哉著 】

 

テレワークと社労士業務を考えると…

対応する業務がない

セキュリティが不安

スタッフとの信頼関係は築けるのか(ホントに仕事してるの?)

といろいろ頭をよぎります。

 

これからは,社労士業務も,テレワーク,そして,AI化とともに。

そして,さらに大事になってくるのは,「他者との協調や、他者の理解、説得、ネゴシエーション、サービス志向性」に対応すること。

 

近年、会社がコア業務に専念するため、総務部門を外部化する動きがありますので,社労士への業務委託は増えていくでしょう。

そうなると,AI化を上手に利用し,かつ,効率化を意識しなくてはいけないが「これからの5年」という気がします。

 

士業にテレワークは馴染まないとも言われていますが、

■育児・介護による離職をなくし、安心して、慣れた業務を継続してもらいたい

■離島は人が少ない分、人材確保は万年危急の課題

 

そんなわけで、手に取ったのが上記の書籍【 誰のためのテレワーク? 大内伸哉著 】でした。

 

しかしながら,想定していた流れと違う,「仕事論」「経営論」のようなものでした。

 

経営者は企業存続のため、何をしなくてはいけないのか

社員は、今の給料もらうためにはどのような能力が求められるのか

何をすることが報酬を受け取れるだけの仕事となるのか

思考して、其々が動き出さなきゃいけないという警告(と読めた)

 

著書にあるように

「テレワークをするかどうか」の問題では「もはやない

読後、率直に理解したことです。

 

「今」何しといたら,「未来」好きなことができるだろう。

 

のんびりと島はあるけれど,島でも日々に追われてしまう。

 

テレワークに,AI化。それが時代の流れ。

だから,晴耕雨読,そして,ときおり原点を考える

 

島の社労士だからこそ,本質は見失わないぞと誇りを持ちつつ,今日も精一杯生きてます~。

 

 

社労士・行政書士 かしむら

 

<<前に戻る

電話0997-82-0063受付時間9:00~17:00までお気軽にご連絡ください。

企業向けガイド

社会保険労務士の仕事 企業の方へ 社会保険労務士とは 働く人へ

離島の方

鹿児島 沖永良部島 訪問スケジュール

求人情報

鹿児島 奄美 司法書士 求人1 鹿児島 奄美 司法書士 求人2
ページの上へ