徳之島,奄美,沖永良部~売買の同時履行の必要性/うみかぜ総合法務事務所(司法書士・行政書士・社労士)

鹿児島奄美諸島(徳之島・奄美大島・沖永良部島・与論島) の法律相談や登記・相続手続きなどを行います。

素敵な徳之島でゆるぎない生活を

<<前に戻る

暮らしの法律

徳之島,奄美,沖永良部~売買の同時履行の必要性

 

同時履行ってご存知でしょうか?

実は,スーパーでも,コンビニでも,普段の買い物は同時履行を行なっているのです。

商品の引き渡し と 代金の支払い を 同時 に行ないますよね。 レジで。

あれを,同時履行っていいます。

「あたりまえじゃないか!」って思われるでしょうが,あそこにトラブル防止の秘密があるのです。

もし,商品をツケで販売すると,スーパー側は,ツケを回収できるか不安です。

もし,商品を予約し,そのときに代金をしはらってしまうと,商品が本当に入荷されるのか,入荷されなかった場合に,お金が返ってくるか心配です。

ツケで商売したり,商品を優先的に購入するため先に代金を支払っておく利点もあるのですが,上記のようにリスクも伴います。

実は,不動産という高額の商品にもかかわらず,島では同時履行が行われていないのです。

「登記を先に~。」  「代金を先に~。」  当たり前にように売買しています。

登記を先にしてあげたのに,買主が代金を支払ってくれない・・。

代金を先に支払ったのに,売主が登記に協力してくれない・・。

よくあるトラブルです。

だから,「同時履行」=代金の支払いと登記申請を同時におこなうことをおすすめします。

司法書士は,ご依頼があれば,決済(代金の支払いと登記書類の引き渡し)に立ち会い,その記録を残し,取引が安全に行われるように助言いたします。

司法書士の大切な役割です。

 

 

<<前に戻る

ページの上へ