素敵な徳之島で揺るぎない生活をこれからのしあわせのカタチ

終活(シュウカツ)事情/うみかぜ総合法務事務所(司法書士・行政書士・社労士)

鹿児島奄美諸島(徳之島・奄美大島・沖永良部島・与論島) の法律相談や登記・相続手続きなどを行います。

<<前に戻る

暮らしの法律

終活(シュウカツ)事情

 

仕事を探して活動することを就職活動,略して「就活」といいます。

この「就活」をもじって,最近は「終活」という言い方をよく耳にします。

人生の最期を迎える準備をすることです。

旧民法では,家督相続制度があり,長男がすべてを引き継ぐという法律,慣習がありました。また,隠居という制度もありましたので,生前に長男等に引き継ぐことができたのです。だから,かつては(大島群島では,昭和28年12月25日まで)承継というものが法律上はっきりしており,わざわざ「終活」しなくてもよかったのです。

しかし,現在は,子どもはみな平等に相続権がありますので,だれがどう引き継ぐか,考えなければならないのです。

親子間で話し合いができて,おおよその考えがまとまっていたり,もしくは,親子間で納得のいく生前に財産の分配がなされていたのならば,特に問題がありませんが,遺言書が残されていない場合だと,遺された相続人間で話し合いを持たなければなりません。

その場合,兄弟姉妹間でいろんな主張がなされます。

「おれが同居し,親の面倒を見てきたんだ」

「あなただけ,大学まで行かせてもらったじゃない」  ・・などなど。

特に病気などしておらず,ご健在の方は「終活」という気持ちにはならないのはわかるのですが,よくあるケースは,周り(子どもら)が「終活」してほしいと思ったときには,親がすでに判断能力が低下しており,終活どころではない場合が多々あります。

だから,ひとつの目安をつくる必要があります。たとえば,60歳になったら,「終活」をしてみる。家族と話し合いの場を設ける。60歳といえば,まだまだ若いのですのが,若い時だからこそ,検討できる,準備ができることがあると思います。

 

 

<<前に戻る

電話0997-82-0063受付時間9:00~17:00までお気軽にご連絡ください。

企業向けガイド

社会保険労務士の仕事 企業の方へ 社会保険労務士とは 働く人へ

離島の方

鹿児島 沖永良部島 訪問スケジュール

求人情報

鹿児島 奄美 司法書士 求人1 鹿児島 奄美 司法書士 求人2
ページの上へ