相続が起こる前に,話し合っていますか。/うみかぜ総合法務事務所(司法書士・行政書士・社労士)

鹿児島奄美諸島(徳之島・奄美大島・沖永良部島・与論島) の法律相談や登記・相続手続きなどを行います。

素敵な徳之島でゆるぎない生活を

<<前に戻る

暮らしの法律

相続が起こる前に,話し合っていますか。

 

遺言がなく,相続が発生した場合,法律に則って相続手続を進めることになります。

しかし,法律(民法)では,相続人とその相続分の規定しかないのです。

 

長男は不動産,長女は預貯金・・なんて定めてないんですね。

 

預貯金だったら,それほど分けることは難しくないかもしれませんが,

実家(土地・建物)があると,これをどう分けますか?

そこに暮らしている相続人がいたら,その人を優先しますか?

また,相続人であるご自身のお嫁さん,お婿さんの意見はどう尊重しますか?

家ひとつとっても,調整が難しいことは容易に想像できます。

 

今や預貯金はあまりなくても,不動産は所有している高齢者は多いのです。

相続は決して,お金持ちだけの問題ではありません。

また,子ども同士仲が良いからといって,相続時に意見が一致するとも限りません。

相続が発生したあと,相続人間の話し合いで,納得できなかった方も多いのではないでしょうか。

 

完全に分け合うことができない,なんの不満もない解決が難しい・・・これが,「相続問題」なのです。

これを少しでも緩和する,相続人の気持ちにゆとりを持たせるためには,相続がおこる前に,ご家族で話し合う機会を持つこと。

いきなり,相続の話などできないでしょうから,

「これまでの思い出」「現在の生活状況」などからみんなで聞いてみる。

そして,

「将来のこと」・・介護については,生活の拠点をどこにおくのか,資金面はどうするのか,親の意見や子の意見互いに知っておくこともプラスだと思います。

「家族が親の生活に対して考えを共有すること」とってもとっても大切なことなのです。

親のこと,兄弟姉妹のこと,話し合う機会を持つことを,意識してやってみてはみませんか?

その際,遺言を・・というのは難しくても,エンディングノートや自分史を活用するのも一つの方法です。

司法書士 かしむら

 

<<前に戻る

ページの上へ