素敵な徳之島で揺るぎない生活をこれからのしあわせのカタチ

「よく見・聞き・分かり・そしてわすれず」~ソーシャルワークを学ぶ/うみかぜ総合法務事務所(司法書士・行政書士・社労士)

鹿児島奄美諸島(徳之島・奄美大島・沖永良部島・与論島) の法律相談や登記・相続手続きなどを行います。

<<前に戻る

仕事おりおり 満智代ブログ

「よく見・聞き・分かり・そしてわすれず」~ソーシャルワークを学ぶ

『ソーシャルワーカーという仕事』宮本節子著

 

こんにちは。

ソーシャルワーカーとはどのようなことをする人達なのだろう,仕事柄,関わる機会はたくさんあるはずなのに,なぜか,あまりに知らな過ぎて,これではいけないとおもったからなのでしょうか。

 

兎にも角にも,読み進めました。

 

ソーシャルワーカーとは

 

ある人の生活困難性(生きづらさ)を克服するために

その人の自身とその人の暮らす環境にスポットをあて

どうしたら,困難な事態を緩和し,

もっと生きやすくなるだろうか

と共に考え,必要とあらば伴走する人,とありました。

 

 

患部を取り除き,療養し,日常生活へ

目的のために法的手続きをとり,解決へ

そんな仕事の多い私には,

ご本人が,継続して,よりよい生き方ができるように,歩く道をも「共に」整えていく,ということそれ自体が困難なような気がしてしまいます。

説明し,説得,納得していただくことの方が仕事上多いと感じる私は,文中にあった

「よく見」

「聞き」

「分かり」

に更に衝撃を受けました。

 

特に「分かり」

人を理解するということは,勝手に結論付けてはいけないのです。その人が真に必要としていることを感じなくてはならないのです。

 

もう,想像力を鍛えるしかないですね。

この言葉たちの締めくくりは

「そしてわすれず」

ほぼ,戒めです。

今は苦しみもがき,課題が克服できなかったとしても,必ず誰かのために活かされる機会がある,と信じて己の糧とすること,ということでしょうか。

 

この戒めは,仕事のスタンスとしてとても大切なことだと思います。

平成27年4月から生活困窮者自立支援事業がはじまっています。

この徳之島でも本年度から開始しました。

様々な人の「生きづらさ」を支援していく制度です。

小さい島だからこその「生きづらさ」もあるかもしれません。

 

「よく見・聞き・分かり・そしてわすれず」

戒めとして,胸に置き,丁寧に向き合わなくては

そう思えた一冊でした。

 

社労士・行政書士 かしむら

 

 

 

 

<<前に戻る

電話0997-82-0063受付時間9:00~17:00までお気軽にご連絡ください。

企業向けガイド

社会保険労務士の仕事 企業の方へ 社会保険労務士とは 働く人へ

離島の方

鹿児島 沖永良部島 訪問スケジュール

求人情報

鹿児島 奄美 司法書士 求人1 鹿児島 奄美 司法書士 求人2
ユースエール2018年度認定
ページの上へ